BARデビューは1杯だけでOKです【完全初心者向け】

バー初心者

本格的なバーに行ってみたいけど、緊張してなかなか一歩を踏み出せないんだよなぁ



このような方、多いのではないでしょうか?

現役バーテンダーが、あなたの背中を押したいと思います。

まず、バーに対してどのような不安を持っているのか考えてみました。

不安リスト

  • 全然お酒を知らないけど大丈夫かな?
  • 何を飲んで良いのかわからない
  • 過ごし方がわからない
  • マナーに厳しそうだな
  • 高そうだな

この不安を解消するためにすべきこと。

勇気を振り絞って扉を開けて、1杯だけ飲んで帰る。

これだけです。

何をするにも、行動しなければ結果は出ませんよね。

1杯だけで良い理由

  • バーテンダーの人柄、接客が最低限わかる
  • 店の雰囲気がわかる
  • 価格感が大体わかる
  • 出費が最低限

最初はこれだけで十分です。

1杯だけで帰って良いの?と思うかもしれません。

大丈夫です。

「今日はバーデビューなので1杯だけ飲みに来ました」と伝えれば良いのです。

何も恥ずかしいことはありませんよ。

目の前のバーテンダーだって最初はあなたと同じ初心者だったのですから。

きっと優しくお酒の飲み方を教えてくれるはずです。

もし、嫌そうな顔をするバーテンダーがいたらその店には行かないで違う店に行きましょう。

良いなと思ったお店を見つけて、経験値を積み重ねていってください!

イケそうだな。

と思った方はぜひ最後までお付き合いください。

それでは店選びと入店から退店までの流れをざっくりと解説していきます。

最寄り駅のバーに行ってみよう

まずは店選びです。

ホテルバーや銀座など都心のバーは、最高の雰囲気の中で洗練されたサービスを受けられるので素晴らしいのですが、当然それに見合った価格設定です。格式も高く初心者にはハードルが高いですよね。

おすすめは最寄り駅にあるバーです。いわゆる街場のバーです。

最寄り駅のバーに行くメリット

  • 通いやすい
  • 敷居がそこまで高くないことが多い
  • 都心部より価格設定が安い
  • 終電を気にしなくて良い
  • 居住区域の情報を得られる

上記の通り、メリットだらけですね。

「〇〇駅 バー」でググればいろんなお店が出てくるので、良さそうなお店をいくつか見つけてください。

注意点として、どんなお店にも言えることですが、食べ○グやR○ttyなどの情報を鵜呑みにしてはいけません。人によって合う合わないは様々ですから。

あくまでも参考程度にしましょう。

バーテンダーの人柄や店の雰囲気、お酒の味など、実際に行って確かめましょう。

入店から席に着くまで

行くお店を決めたら勇気を振り絞って扉を開けます。

バーは静かな空間なので、バーテンダーに軽く会釈をし、案内された席に着きましょう。

これはバーテンダー目線ですが、席に着いて「こんばんは」と挨拶してくださったり、おしぼりを渡す際に「ありがとうございます」と言ってくださると、印象が良いですよ。

何をオーダーすれば良いか?

おすすめはジントニックです。

ジンのハーブやスパイスの香り、トニックウォーターの苦味の効いた爽やかな味、全体を引き締めるライムの酸味が一体となったバランスの良いカクテルです。

ジントニックがおすすめな理由

  • 本格的なバーであれば失敗しない
  • 甘み、酸味、ほのかな苦味のバランスが良く飲みやすい
  • いつ飲んでも楽しめる
  • メニューがない店でも安心
  • シンプルなのでごまかしが効かない
  • 高くない

このようにたくさんあります。

また、色々なバーでジントニックを飲んでみると、そのお店が目指す姿勢や方向性がわかるようになります。

ジンやトニックウォーターの銘柄は何を選ぶのか、ライムの効かせ方はどうするのか、氷の大きさや形状、グラス選びなど、シンプルなカクテルだけにそのお店のスタイルがはっきりと表れているからです。

このあたりがわかるようになると、バーがより楽しいものになりますよ。

定番カクテルでもOK

ジンが苦手な方は、モスコミュールやキューバリブレなどの定番カクテルも良いでしょう。

定番カクテルの例

  • モスコミュール:ウォッカ+ライム+ジンジャービア
  • キューバリブレ:ラム+ライムorレモン+コーラ
  • ウォッカトニック:ウォッカ+ライム+トニックウォーター
  • ソル・クバーノ:ラム+グレープフルーツジュース+トニックウォーター
  • ウイスキーハイボール:ウイスキー+ソーダ

バー初心者、カクテル初心者には、上記のようなシンプルで飲みやすいカクテルがおすすめです。

🍸←このようなカクテルは2回目以降にバーテンダーに相談してみましょう。

どのように過ごせば良いか?

自分に合った過ごし方を見つけよう

  • バーテンダーと会話する
  • 考え事をする
  • 無になる
  • 本を読む

バーテンダーと無理に話す必要はありませんが、

  • お休みはいつですか?
  • あのボトルは何ですか?
  • どんなお酒を多く置いてますか?

など、少し会話をしてみると距離が縮むこと間違いなしです。

ほっとかれたい人は考え事をしたり本を読むのが良いです。バーテンダーは空気を読むプロでもあるので、ほっといてくれます。

何回か通うと過ごし方がわかるようになり、居心地が良くなってきますよ。

注意点(気をつけるべきマナー)

  • 注意点①:携帯電話
  • 注意点②:勝手に写真を撮らない
  • 注意点③:勝手にボトルやグラスに触らない
  • 注意点④:カウンターの上にカバンなど荷物を置かない
  • 注意点⑤:長居しない

記は最低限のマナーですが、意外とできている方が少ないです。お店から良い印象を持ってもらうためにも気をつけましょう。

注意点①:携帯電話

必ずマナーモードに。

インターネットやゲームをする事は迷惑行為ではありませんが、バーは非現実を楽しむ空間なので最低限にした方が良いです。

また、他のお客様の迷惑にならないように、必ず通話は店の外でしましょう。

注意点②:勝手に写真を撮らない

写真を撮るときは必ず了承を得て、フラッシュなしで。くつろいでいる他のお客様が写らないように注意してください。

写真撮影を禁止しているお店もあるので気をつけましょう。

注意点:勝手にボトルやグラスに触らない

ボトルやグラスは綺麗に磨いてあるので、気になるものがあっても勝手に触れてはいけません。必ず「触っていいですか」と了承を得ること。勝手にフタを開けるなどもってのほかです。

注意点④:カウンターの上にカバンなどの荷物を置かない

カウンターは飲食物を置く場所です。床に置くことがあるようなカバンや荷物をカウンターに置く行為は、極端に言えばクツを乗せるのと同じ行為と言っても過言ではありません。カウンターに置いて良いのは喫煙具くらいです。

注意点:長居しない

1杯飲むのにかける時間は30分前後を意識しましょう。

飲み終わったら長居せず、スマートに退店しましょう。

会計をしてスマートに退店

飲み終わったらお会計です。

「お会計お願いします」や「ごちそうさまでした」とバーテンダーに伝えましょう。

料金の目安

 ◆カクテルの価格の目安

  • ジントニック:1,000円前後
  • モスコミュール:1,000円前後
  • キューバリブレ:1,000円前後

 ◆チャージ、サービス料、消費税

  お店によってチャージやサービス料がかかる場合があります。

  チャージ:なし〜1,000円程度

  サービス料:なし〜10%程度

  消費税:10%

  お店のHPなどに表記されていることがあるのでチェックしておきましょう。

ジントニック1杯で1,000円のお店もあれば2,000円、3,000円のお店もあります。

価格設定、店の雰囲気、味など自分の判断基準で良いお店を見つけてみてください。


最初は緊張するかもしれませんが、人間は慣れるものです。

ぜひ一歩踏み出して新しいお酒の扉を開いてみてください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました